医療分野でも可能です。

使用する場所・場面により、酸やアルカリとの接触がある場合は、色が抜ける可能性あります。

食品分野でも利用可能です。食品安全性のデータが有り、有害物質の無害化を証明しています。

使用する場所・場面により、酸やアルカリとの接触がある場合は、色が抜ける可能性あります。

納期は内容によって変更しますので、まずはお問い合わせください。

見積もりを提出します。処理時間と処理工数、1回の処理量により料金が変動しますので、まずはお問い合わせください。

100nm~300nmです。

SUS素材そのものと同等です。皮膜は、SUS素材の硬さそのままで、傷つくとその部分の色は抜けます。(再処理可能、寸法0.5ミクロン位やせます)

中性洗剤やアルコールはOKです。

漂白剤、酸性、アルカリ性洗浄剤は、変色する恐れがあります。

300℃くらいから変色してきます。200℃くらいの加熱までは、変色はありません。それを超えると徐々に変色します。

鏡面仕上げに近い状態で電解研磨し、発色する場合は、抗菌性を高める可能性があります(現在調査中)。

SUS素材より2倍以上の耐食性があります。ステンレスは元々耐食性が高いですが、元々のSUS素材の2倍以上は向上します。